先輩の声
VOICE
  • S.O
    営業部 
    2010年入社
    入社にあたっては、大学は経済学部だったので少し不安もありましたが、合同説明会で出会った人がとにかくいい人で「悪いようにはされないだろう」という気持ちで入りました。入社してからは技術的なことや商品知識など覚えることはたくさんありました。戸惑うこともありましたが、はじめの1年はサービス部で仕事を通して知識をつけていきました。営業部に移ってからも、会社に信頼があるからお客様との関係も良好です。お客様の問題をお客様はもちろん、技術や保守とチームで一緒に解決していくのが気持ちいいと思えるんです。役に立てているという実感を味わえます。学んだこととジャンルが違うなんて思わず、興味を持ったこの会社に飛び込んでよかったなと思いながら毎日を過ごしています。
  • S.H
    技術部 
    2020年入社
    仕事は、主に工場の計測や制御に関わるシステムの設計開発を行っています。学生時代は情報工学を学んだこともあり、もともと工場システムに興味がありました。メーカーで自社のラインを管理するのではなく、さまざまな業種・形態のシステムに関わることができるこの会社は希望にもぴったりで、勉強したことも活かせると思いました。新しいシステムに携わるたびに、その分野の専門知識が必要にだから、新しく覚えることも多く大変ですが、達成感や成長を感じられるやりがいのある仕事です。オフィス環境もいいので、働くことにストレスを感じることはあまりありません。ただ一点、周辺にランチが取れるお店が少ないことだけが残念かな(笑)
  • S.U
    サービス部 
    2017年入社
    現在の仕事は、マンホールポンプの点検が中心です。マンホールポンプというのは、自然流下で流すことのできない場所からの生活排水をくみ上げるポンプ設備のことです。自分を含めた人々の生活を支える公共の仕事を支える仕事です。ポンプが正常に動いていることを確認すると、これまでも誰かがこうしてきちんと保守点検をしてくれていたんだと感謝の気持ちが湧いてきます。自分もちゃんとしなきゃって気持ちも引き締まります。今は少しずつ仕事の幅が広がってきて、その分覚えることも学ぶことも増えています。大変と思えばしんどいかもしれませんが、できることが増えていくのは楽しくもあります。話すことはあまり得意じゃないですが、信頼できる先輩や仲間とチームで動くことは安心感にもつながっています。
  • Y.T
    総務部 
    2012年入社
    以前勤めていた会社は、人間関係があまりよくなかったので、次は人間関係のいいところにしたいと思ってこの会社を選びました。ほとんど残業がないのも魅力でした。総務部というと、地味なサポート的な仕事をしていると思われがちですが、当社の「自己裁量」は、もちろん総務部でも生きています。当社は2020年に厚生労働省の子育てサポート企業「くるみん」認定されました。認定を受けるためには、社内制度を整えないといけませんし、提出書類も少なくありません。実は、これを取得したいと会社に提案したのは私です。「女性ならではの視点だね。やってみるといい」と上司も後押ししてくれて、周囲も協力してくれました。認定されたときはすごくうれしかった! 当社は、前向きなチャレンジを支援してくれる働きがいのあるいい会社です。